永遠の定番!?だけど他とは違うCONVERSE ALLSTAR!

こんにちは、あっきーです。

少し肌寒くなってきました。まだまだ寒暖差があるので体調に気をつけて下さいね。

こんな時期は長袖が気持ち良いですよね。衣替えもし始めた方もいるのではないでしょうか。

さて、そんなファッションを楽しめる季節になってきたところでおススメしたいスニーカーがあります。

それは・・・

CONVERSE ALLSTAR です!!

一度は履いたことがあるのではないでしょうか?

「いや、おススメも何も昔からあるし、どこでも手に入るやつでしょ」

と声が聞こえてきそうですが、

同じオールスターでも生産国の違いで作りが違ったりするのは知っていましたか?

今回おススメするのはあまり周りが履いていないオールスターを紹介します!

Made in JapanのALLSTAR

そもそもオールスターは1917年にバスケットシューズとして開発されました。

100年という長い歴史を持ちながら、ほとんどデザインを変えず愛されてきたシューズになります。

これを置いていないところはないというくらい誰でも買えますよね。

履いたことがある方ならわかると思うのですが、長く履いていると足裏が痛くなったり、インソールのかかと部分がすぐ破れたりしませんか?それらは中国やベトナム製が多いのですが、

それらを解消したのが日本製のオールスターになります!!

最近は各セレクトショップで推していますね。

日本製になると何が違うかというと、

・キャンパス生地が上質な物に変更

・クッション性が向上

・デザインがシャープな印象へ

・フォクシングテープがナチュラルカラーへ

・シューレースがコットン100%

・ヒールパッチにMade in Japanのロゴ入り

これだけの違いがあります!!

パッと見だと分かりにくいのですが、細かい部分に凝っているのが日本らしさだと思います。

近くで比較して頂くとよくわかるのですが、
キャンパス生地の目が細かく張りのある物になっています。

耐久性もアップしており、フォクシングテープ(つま先部分から周りを覆っている白い部分です)も真っ白からヴィンテージ感のあるナチュラルホワイトになっています。

それに伴いシューレースもコットン100%へ変更。クッション性やグリップもアップしているので歩きやすいですし、通常品よりもシャープに作られているので上品なスタイルにもマッチします。

そして何といってもヒールパッチにMade in Japanのロゴが入っており、小さな部分ですが特別感をアピールできます。

流行りの海外製(昔のVintage ALLSTARを再現して復刻されたもの)は最近街中で履いている方をよく見るので、あえてここは日本製を選択するのがおススメです。

オリジナル品のVintage ALLSTAR

やはり生粋のオールスター好きとしてはずせないのがVintage ALLSTARになります。

通称「Chuck Taylor」

バスケットボール選手でチャールズ・H・テイラーという方がいたのですが、彼はこのオールスターを履いて試合に出ていました。
そんな彼が功績を上げ、1930年代頃にChuck Taylorと入るようになり、
そこから昔のオールスターはチャックテイラーと呼ばれるようになったようです。

実物はとても雰囲気があります。そして現在の物とは見た目も違うところがあるのです。

現在は50年代の物からが博物館レベルで存在しており、それ以前の物は資料が残っていないので確認できません。
そこから60年代、70年代(ここまではほとんど手に入りません)80年代(古着屋で数万円で買えます)90年代(1万円台で買えます)2000年代(現行の物と変わりません)と10年単位でデザインが少しずつ変えられ、作られてきています。

年代ごとにどこがどう違うとなると細かすぎて書ききれないので、簡潔にどこが変わるのかというと、

・ヒールパッチが今の白にALLSTARというロゴではなく、紺や黒に星が三つ、一つ書いてありChuck Taylorと入っている。(通称三ツ星、一ツ星)

・Made in USAの印字入り

・サイドに当て布とステッチが入る(バスケットシューズとしての役割があったので耐久性アップの為

・インソールがふかふか

こららが80年代に入るとヒールパッチが今のALLSTARに変更になり(下にMade in USAは入る)、
90年代になるとサイドステッチが無くなり、2000年代にはインソールも硬くなり、USAのロゴも無くなってしまいます。

履き心地は現行のものより柔らかく足に馴染みます。

古着との相性は抜群ですし、きれいめな格好にあえて少し汚れたオリジナル品を履くのもアリですね。
詳しい人なら見ただけで食いついてくると思います!

私はデッドストック(新品状態)でオリジナル品持っているのですが、履いて出かけた際、古着屋の店員さんに羨ましがられました笑

古着好きな方はMade in USAの文字を見ただけでワクワクするのではないのでしょうか?

90年代の物でもだいぶ入手し辛くなっており、今後価格も高騰する事間違いないので買えるうちに買っておくのがベストだと思います!そしていらなくなったら確実に高値で売る事ができます。

(希少すぎて履いていくのは気が引けますが・・・)

まとめ

今回は日本製と昔のオリジナルオールスターを紹介しました。

Made in JapanかUSAか。

手に入りやすいのは日本製ですし、がんがん履いていくならこちらの方がおススメですが、やはり一度はオリジナル品を試して頂いてほしいです。もっと古着、昔に作られた物たちの魅力を感じていただけると思います。普段は飾って、大事な時に履いていくのが良いかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする