古着は最強のコスパアイテム!服好き初心者にとてもおススメ!!

こんにちは。

早く長袖一枚で気持ちよく過ごせる気温になってほしいと思っているあっきーです。

9月に入ってもまだ暑い日が続いていますが、皆さま体調はいかがでしょうか?

いい加減半袖短パン生活から抜け出したいですよね。(僕だけですか?)

さて、今回はタイトルにもある通り「古着」についてブログを書いていこうと思います。

いきなりですが、みなさんは古着についてどのような印象を持っていますか?

・汚い

・ただのリサイクル品

・すぐダメになる

・おじさんが着るようなものばかり   などなど

おそらくあまり良いイメージは持っていないかと思います。

しかし、「古着」こそが最強のコスパアイテムなのです!

なぜ最強のコスパなのか、マイナスイメージを払拭する為詳しく紹介していきます。

新品よりはるかに安い!!

古着は安い物だと数百円から買えるのでかなり安いです。一回袖を通しただけで

服の価値は下がるので、ほぼ新品でも大幅に安く買う事ができます。

今ではネットで買う方も増え、届いたらサイズが合わなかったという

理由ですぐに古着屋に売ってしまうので、タグが切り取られているだけで、

新品と同じような商品がたくさんあります。

そのような服を見つけると普通にお店で買うよりもかなり得した気分になりますよね。

また安くたくさん買うことで服のレパートリーも増やしやすいと思います。

憧れのブランドに手が届く!

ファッション雑誌を読んでいるとモデルさん達がお洒落な格好をして、今の流行りの格好を知る事ができますよね。

「お、この人の格好お洒落だな・・このシャツの値段は・・・・高すぎ!!

と思う事ありませんか?

雑誌に載っている服はほぼブランド品なので、それを真似して買うとなると痛い出費になります。

しかし、そんなブランド品も商品の状態にもよりますが、だいたい定価の3割~7割くらいで買うことができます!

そしてブランド古着に関してはもともとの所有者が大事に使っていた物が多いため、綺麗な物が多いです。なので憧れのブランド品を古着で買うのはとても賢い選択だと思います!

また着なくなったとしても、再度売る事ができるのもメリットになります。

レアなヴィンテージ品や
一点物が手に入る!

先程のブランド古着とは種類が変わってくるのですが、古着と言えば珍しいデザインの物や服好きな方だとヴィンテージという言葉を思いつく方もいるのではないでしょうか。

ヴィンテージとは「時間の経過と共にその服の良さ、価値が増したもの」なんですが、

分かりやすい例で言うとデニムになります。デニムはとても奥が深くて、希少価値が高いものだと100万円以上する物も存在します・・・

作られた年代、どこの工場で作られたか、細かいデティール、色落ちの度合い、など服にそこまで興味がない方が見れば、なぜただのジーパンがこんな値段するの・・と思うかもしれません。

しかし昔の服というのは現代と違い、素材をふんだんに使い手作業で作られているので、質がとても高く耐久性に優れているという点があります。作られていた工場などはほとんど残っておらず、現代で同じ物を作ろうとすると莫大な費用がかかってしまう為、再現も難しくなっています。

昔に作られていたオリジナル品は当たり前ですが二度と作られる事はないので、希少価値も高く、その為一見汚く見えても高値で取引されるのです。その昔の物がほぼ新品状態で出てくると値段はその何倍にも跳ね上がります・・

ヴィンテージの何がいいって、その服から醸し出ている雰囲気なんですよ。自分より何十年も前に作られた物を身につけてると不思議な感覚になります。

もちろんヴィンテージでなくとも、日本では出回ってない珍しい服なども多くあるので

そのような物は安く買えますし、初心者の方で、もう作られていない一点物が欲しい、他の人と差をつけたい方にはヴィンテージではないレギュラーな古着がとてもおススメです。

またデニムに限らず服の流行りは繰り返される為、現在流行している服の元ネタは昔の服のデザインにあったりします。それこそ60年代70年代に既に出ていたデザインを元に作られていたりします。

古い服から出るクラシックなオーラを感じたい、現代の服のオリジナルに触れてみたい!と思う上級者の方にはヴィンテージ品をおススメします。

このヴィンテージ品は余程の服好きでない限り、手を出すのは控えた方がいいかもしれません。色んな服を知って興味を持ったら覗いてみましょう!

服好き初心者は新品ではなく「古着」から!

色々書いてきましたが、まだ書きたいことがたくさんあります笑

まとめると「古着」というのは

ブランド品も珍しい服も揃えることができ、かつ安い!!というメリットがある

という事になります。初心者の方はまずは雑誌など見て気になった服やコーディネートがあれば古着屋に足を運び、色々試す事からおススメしたいと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする