流行りを安く取り入れられるGU。ユニクロとの違いとは。

こんにちは、あっきーです。今日はやっと好きな古着のブルゾンを着れました。これくらいの気温が一番気持ちよくお洒落が楽しいですよね!

少し寒くなるこの時期に安くちょっとした羽織るものや気軽に着れるようなアイテムが欲しくなってきますが、あまりお金はかけたくない・・という方に、今回はおススメのファストファッションブランドであるGUについて書いていこうかなと思います。

インスタグラムなどでお洒落な人を見つけたとき、全身GU?!?!と思ったことはありませんか?

僕はあまりGUを利用しないのですが、全身1万円以下で流行りの格好ができることにびっくりしました・・・安くお洒落になれるならそれほど嬉しい事は無いですよね!

またCMでは前田敦子さんローラさん、波留さん、最近だと中条あやみさんを起用しており、女性の方にも馴染みがあるのではないでしょうか。

なぜこんなに安いのか?UNIQLOとGUは何違うのか?デザイン品質はどうなのか?紹介していきます!

GUはUNIQLOと兄弟関係

知っている方も多いと思いますが、UNIQLO、GUと共に親会社はファーストリテイリング社となります。UNIQLOの後に出来たので、GUは弟分という感じでしょうか。

2006年にUNIQLOより低価格でカジュアルな服を提供するブランドとしてGUは誕生しました。ブランドネームの由来はコンセプトでもある「ファッションをもっと自由に」から来ています。

なぜこんなにも安いのか?

皆さまが気になる、なぜここまで安いのか??という点ですが、調べてみると様々な工夫がなされていました。

・これ以上出来ないというほど徹底されたコスト削減 

 ・トレンド中心のアイテムを展開し、短期間で売り切る為在庫を抱えなくて済む

 ・セルフレジ導入で作業効率を上げている

 ・ハンガーにかけて陳列することで畳んで棚に並べる時間を削減できる

さすがファーストリテイリング社、かなり徹底されていますね!普通の企業では簡単に真似できないでしょう。これにより1000円前後で商売することができるんですね。990円ジーンズなど他ではできない低価格のデニムを打ち出したのは今でも覚えています。

トレンドを抑えたデザイン

先程の安い理由として上げているのですが、GUはトレンド中心のアイテムを展開しています。これはターゲット層を10代~30代女性にしているからなんですね。

UNIQLOは全ての年代の方を対象にしているので、ベーシックなアイテムを展開しています。

Tシャツに刺繍が施されていたり、カラフルなアイテムが多くUNIQLOにはないデザインの物が多数置いてあります。メンズアイテムも明るい色の物や流行りのワイドパンツなどデザイン性が高く、GUに行けば最新ファッションを一式揃える事ができます。

気になる品質の差は??

どちらも十分に安いのですが、結果から言うとUNIQLOの方が高品質と言えます。

高品質ながら低価格を目指しているので、価格にしてはとても質が良いです。エアリズムやヒートテックなど高機能素材も多数リリースしています。

一方でGUは、徹底したコスト削減をしているので、なるべく安く!を最優先しています。なので細かい部分の縫製が甘かったり、ガシガシ着ているとすぐ毛玉になってしまったりするようです。

まとめ

UNIQLOとGUの違いを図にすると下のようになります。

UNIQLO

GU
価格 安い もっと安い
デザイン ベーシック トレンド重視
ターゲット層 老若男女 10代~30代女性中心
品質 高品質 あまり良くない

GUは安くトレンドを取り入れたいならおススメですが、品質はあまり良くないので長く着る事は難しいと思います。ワンシーズンだけ着て、また来年新しいトレンドの物を買っていくというのが良いと思います!

1000円前後でお洒落な物をたくさん買うことができるブランドは中々無いと思います。

お洒落初心者で何を買っていいかわからない方はGUに行ってみるのもいいのではないでしょうか!

今回はこの辺で終わりたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする