ブランド物

冬のアウターは何がいいのだろう?あっきーが教えます!!

こんにちは、あっきーです!

 

本格的に寒くなってきました。

 

そろそろアウターの出番ですね!!!

これから来年にかけてさらに必要になってきますが、

今年はどんなアウターを考えていますか?

 

もう買った方もいると思います!

 

アウターってそんなに何着もいらないのですが、

着るだけで主役級なので毎年欲しくなりますよね笑

 

今回はあっきー目線で、どんなアウターを選べばいいのか?紹介していこうと思います!!

大事なのは素材

たくさんのブランドから毎年目玉商品として出ている訳ですが、

色々ありすぎてわからないですよね!!

 

そこで皆さまは自分で選ぶ際の基準は持っていますか?

 

もちろんブランドやデザイン、トレンドで選んでもいいのですが、

あまり考えずに選ぶと毎年買う羽目になり、自分の財布も痛めてしまいます・・・笑

 

そこであっきーがおススメする選び方は「素材」で考える事です。

 

素材が違うだけで見た目の印象もだいぶ変わってきますし、

例えば同じチェスターコートでもウールとカシミアでは

暖かさも違ってきます!!!

 

既にウールコートを持っているなら、同じウール素材ではなく

異素材の物を選びましょう!!

一歩上を行く素材選び

そこであっきーが一歩上を行く素材を使用したアウターを3つ紹介しますっ!

 

カシミア100%のコート

チェスターコートなどのロングコートをお持ちの方は多いと思います。

そしてそのだいたいがウールで出来ていますよね。

 

そこで周りと差をつけるのがカシミア100%のコートです!

カシミア100%と言えばよくセーターなどで見かけますし、

コートでもカシミアが少し混ざっている物はよくあります。

周りでも着ている方たくさんいますよね!

 

しかしカシミア100%のコートを周りで着ている方を見た事ありますか??

もともと希少価値の高いカシミアなので、ましてやコートはとても手が出しにくいと思います。

また高値なことが多いので、周りが着ていない要因の一つですね。

 

実は私もこのカシミア100%のコートを持っているのですが、

 

いかんせんとっても暖かいです!!!真冬でも全く寒くありません!!!

 

そして何よりウールと比べて綺麗な艶があり、シンプルながらとっても

上品さを醸し出します。

 

デリケート素材なのでお手入れは少し大変ですが、コート用の専用ブラシなどで

ほこりを取り除き、毎年クリーニングに出せばずっと着てられます。

 

変にデザインにこだわるより、こういった贅沢な素材を使用したコートを選べば

長く愛用出来てとても便利です。

ゴアテックス素材のダウンやコート

ゴアテックスとは防水透湿性素材の事を言います!簡単に言うと

雨ニモヌレズ、風モトオサズ、蒸レニクイ

という最強の素材なのです!!!

 

見た目はとても薄いですが、この高機能さから登山シーンに多く使用されています。

 

雨に強く風も通さないのでが防寒が出来て、汗をかいても蒸れにくいので

まさに山登りにぴったりですよね!

 

そんなゴアテックスを使用したロングコートやダウンをおススメします!

上で書いたように高機能なので天候を気にせずどこにでも着ていけます。

 

ダウンの表素材がゴアテックスだとまさに寒さを全く感じません笑

 

むしろ中はTシャツでゴアテックスのダウンでも極寒地でなければ

全然いけちゃいます!それほど暖かいのです!

 

寒さに弱い方やよくスノボなので地方へ行く方は候補に入れてもいいかもしれませんね!

 

プリマロフト素材のジャケット

プリマロフトを初めて聞く方もいるのではないでしょうか?

 

プリマロフトとは、ダウンに変わる人工的に作られたマイクロファイバー素材のことを言います!

 

つまり人工羽毛のことですね!

暖かさは通常のダウンと全く変わりません!!

そしてダウンと比べてメリットもございます!!

 

なんと家で洗濯ができるのです!!!!!

 

羽毛は濡れてしまうと羽が潰れてしまうので重くなり、暖かい空気を保つことが難しくなります。

 

しかしプリマロフトは撥水性があるので濡れた状態でも暖かいですし、すぐ乾きます!

その為に家で洗濯しても全く問題ないのです!

 

また見た目もダウンのようにもこもこしておらず、一見これで暖かいのか?

と思いますが、薄くて軽くて暖かいがこのプリマロフトの特徴です。

 

こちらもかなりの高機能素材なので、スマートに着こなしたいが、ダウンのような

暖かさが欲しいという方にはとてもおススメしたいです!!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

どれも大変おすすめなので、アウターを選ぶ際の参考にしてもらえればと思います!

 

それでは、今回はこの辺で失礼します。最後まで読んでいただきありがとうございました。