スニーカーはどんな種類を何足持っていればいいのだろうか??

こんにちは、あっきーです。

 

やっぱ毎日服を着るの楽しいですよね^^

 

そこで、いきなり質問です!

 

皆さまはスニーカーを何足持っていますか?

また、

何色のスニーカーを持っていますか??

 

あわせて読みたい
あえてダサいのが流行りのダッドスニーカーとは何なのか?こんにちは、あっきーです。 さて、今回は前にニューバランスの記事でも少し紹介した「ダッドスニーカー」について 書いていこ...

 

あわせて読みたい
定番スニーカーのジャーマントレーナーってどういうシューズ?こんにちは、あっきーです。 ここ最近は物欲が抑えられていたのですが、ヴィンテージ古着で前から欲しかったものを手に入れてしま...

 

あわせて読みたい
おじさん靴ではない!高機能かつ大人のスニーカーはニューバランス!こんにちは、あっきーです。 いきなりですが、皆さんはスニーカーに何を求めますか? ・デザイン ・価格の安さ ...

 

なぜこのような質問をしたのかと言いますと、

これからの時期はコートやらのアウターを着はじめ、上半身が野暮ったくなります。

その際にスニーカーを変えるだけで普段のコーデの幅がグッと広がるからです!!

 

今回は着回し力をさらにアップさせる、スニーカーの数と色について書いていこうと思います!

適切なスニーカーの数は?

正直スニーカー好きな意見としては、持っていればいるほどいいのではないかと考えています笑

 

しかし、持っているだけで満足してしまって実際は履いていないスニーカーもあります・・・

コレクションとして持っているのはいいんですけどね・・・笑

 

たくさん持っている中で、あっきー自身が感じる適切なスニーカーの数は

5足程度かなと思います!

 

これより少ないと着回しの際に大変ですし、スニーカーも消耗品なので

あまり連日続けて履かずに休ませて上げるのがいいのです!

逆にこれ以上多くても、やはり気に入ったものばかりになってしまって

履かなくなってしまうんですよね~

 

5足あれば平日毎回違うスニーカ―を履いていても着回せますし、

普段あまりスニーカーを履かない方であれば3足でもいいかもしれません。

 

ただ色んな服装に合わすために5足あれば充分なので、次はその5足のうち

どんな色を持ってれば着回しがきくのか見ていきましょう!

どんな色のスニーカーを持てばいいのか

さて、5足と決めたうちどんな色がいいでしょうか?

黒?白?

は定番ですよね。持っている方も多いと思います。

 

中にはスニーカーのほとんどが、黒か白!という方もいるかもしれませんね笑

 

確かに黒と白は何にでも合わせられますし、着回す点では、

この2色で足りるかもしれません。

 

しかし、このあっきーブログではお洒落な着方などを提案しているので、

無難な色だけをおススメして終わりにはしません!笑

 

 

あっきー的な視点で、おススメな色は

黒、白、グレー、赤(さし色になるような物)、レザー系

になりますっ!

 

厳密にはレザー系は色ではありませんが笑

 

なぜこのような色をおススメするのかと言いますと、

 

黒と白は上で書いたように定番で何にでも合わせられますよね!

なのでこの2色はとりあえずマストです。

 

次にグレーをオススメします!

グレーって地味目な印象を持つかもしれませんが、個人的には

一番大人っぽい印象を与える色だと感じてます。

 

ニューバランスのグレーが一番合わせやすいと思うのですが、

グレーも実は何にでも合わせる事ができます。

パンツが黒、紺でも合いますし、同系色でグレー、白などとも相性抜群です。

 

特にグレー×グレーは知的な印象を与えられるので、

ぜひやって頂きたいコーデの一つになりますね!

 

4足目は、赤色などのさし色ですね!

赤が一番無難ですが、緑や、ピンク、水色、紫などでもいいと思います。

 

特に冬は黒や紺などの暗い服を着る事が多くなります。

その中で足元だけさし色を持ってくると、目線が足元にいきますので

全体に抜け感が生まれお洒落感が増しますのでおススメです。

 

そして最後にレザー系です。

レザースニーカーはカジュアルながら上品な印象を与えられるので、

革靴だと少し締まりすぎてるなーというときにもってこいですね。

 

 

以上これらの色を持っていれば着こなしに困ることはほとんどないと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

あっきー的にはこれからの時期に少しカラフルなスニーカーを勧めたいですね。

 

自分の持っている服とどんな色が合うか、それを考えてスニーカー選びができるようになると

靴だけでなく、新しく買う服に対してもカラーコーディネートができるので、

ぜひこのセンスは磨いておきたいですね!

 

 

では今回はこの辺で失礼します。最後まで読んでいただきありがとうございました。